会員紹介

直前理事長 髙梨大輔

特別理事 安藤信介

監事 三觜隆嗣

我々青年会議所だからこそ出来る事得られる事があり、それを自らの成長とつなげることで仕事、地域へと貢献出来るものと考えます。それは50年以上もの長きに亘り青年会議所運動を通じ築きあげられた歴史と伝統があり成し得るものです。いつの時代も青年会議所が青年会議所であるために、変わりゆく時代の流れに適応し、より一層必要とされる団体として共に考え行動し、あゆみを止めることなく運動を展開していければなりません。 今こうして、我々が藤沢青年会議所の一員として活動出来る事は、長きに亘り続けられてきたJC運動が行政また関係諸団体などに認められ、よりよい運動展開がなされ注目される団体として発展してきたからと感じます。このような団体に我々は所属し、同じ時間を共有しているのです。そのような中で、今一度本来の目的や意味をしっかりと全メンバーで共有しメンバー一人ひとりが自覚と責任をもち、目的達成の為に意識して積極的に活動する必要があります。その為にもこうして受け継がれてきた活動を行う為に必要な多くの手法や知恵を藤沢青年会議所の伝統として伝え、10年20年先を見据えた議論をメンバーと交わし、その職責を果たしていきます。また監事として厳しい目をもちながらも、メンバー全員が楽しんで充実したJC活動を送ることが出来るよう「心」通う行動を見せます。もちろん楽しいだけがJCでなく辛い時、悔しい時があり、様々なことを経験してこそ、楽しさを見いだせるのです。メンバー自らが率先して行動出来る環境を創ることで、「本気でこのまちを明るい豊かな社会に変えてみせる」という気概を共有していきます。
今まで培われてきた歴史と伝統を重んじ、藤沢青年会議所のメンバーとしてこの運動をメンバーと共に邁進出来ることに感謝し、組織の人財育成と円滑な会務運営に監事という立場から成し得る役割を冷静に考え、行動していきますのでどうぞ宜しくお願い致します。

監事 櫻井良太

私は一般社団法人藤沢青年会議所に入会して以来、様々な機会と多くの気付き、かけがえのない出会いを頂きました。そして多くの経験と活動をさせて頂いた事によって、私自身の成長へと繋がり人生において貴重な財産となっております。しかしながら私達は日々多忙に過ごしていると青年会議所の活動が出来る喜びと感謝の心、多くの機会や出会いまた地域、各諸団体の活動によって自身が輝き磨かれている事を忘れがちになっております。 藤沢青年会議所には先輩諸氏が築いてきた伝統があり、試行錯誤を繰り返し、時代の流れとともに、明るい豊かな社会の実現に向けた挑戦がありました。その半世紀にわたる歴史の積み重なりがあったからこその、今日があります。その歴史の重みも深く感じ、私達メンバーは時代の変化や変革に怯むことはなく、新しきに挑戦する必要があります。青年世代の私達にとっての時間はたいへん貴重でありますが、メンバー同士真摯に向き合いまた各諸団体ともしっかり連携をとり、一人ひとりが輝き躍動し、地域を明るくすることで、歴史と伝統を守り、また未来を切り拓くことができると信じています。先行きが見えない不安定な社会情勢や人間関係が希薄な時代など、消極的なことも多々ありますが、私達JAYCEEが英知と勇気と情熱をもって積極的な運動をし、利他の精神のもと本気でこの日本を「明るい豊かな社会」に変えて見せるという気概を一人ひとりが持てるようでこそ、此処に集う意味があります。メンバーが輝き煌けば、地域また市民に愛され相乗効果が生まれ、混迷するこの時代を必ずや素晴らしい結果として切り拓いていけると信じます。 私は監事としてメンバー一人ひとりの輝きを見出し、大いなる志を持って活動できる組織の方向性をともに学び、ともに正し、私自身の決意も新たに、積極的に行動で示し、青年期だからこそ燃やせる情熱と行動力で、未来に輝くLOMになるよう支えて「粋」ます。

副理事長 佐藤清崇

敗戦後のGHQによる占領政策における日本の無力化は、戦後70年に亘り着実に日本の土台を蝕みました。即ち、日本人が持っていた美しい生き方の背骨である国史、そしてそれに基づく道徳観が教育の場から斥けられたことで、日本人が持っていた判断の軸に綻びが生じています。その結果、他者への心遣いや慈しみを忘れ身勝手な振る舞いをする者が多々現れたり、本来の個人主義とかけ離れた悪しき利己主義がはびこるなどしています。
日本人が本来持っていた判断の軸を取り戻すには、日本人がかつて共有していた物語であり、先人の思いが集積された国史と道徳教育を取り戻さねばなりません。また我々大人には、即物的で身勝手な考え方と確固たる決別をし、率先して他者を思いやる気持ちを示し、襟を正して子どもたちに「大人の背中」を見せることが求められます。我々は明るい豊かな藤沢の実現を目指し、和を重んじ心一つに取り組まねばなりません。そのために青少年の心育成委員会の担当として、藤沢の子どもたちがお天道様や八百万の神といった目に見えないものに対する畏敬の念を持ち、自らを育み作ってくれたものへの感謝を示せる人財となれるよう努めます。確固たる判断の軸を持つことで力強く未来を担っていけるような事業展開へと導くとともに、心の通う藤沢の実現に向け尽力します。藤沢に住み暮らし将来を担う子どもたちが、個を磨き社会の中に各々の役割を確立していくことで、各々が利他の精神を実現できるような社会の実現に向け運動展開を致します。また委員会が担う広報に関しても、市民意識の変革に向けた機動的な広報活動となるよう導いて参ります。
藤沢青年会議所がこのまちにおいて心を通わせ利他の精神を広げる和の心の発信源として運動を展開し、藤沢の子どもたちの未来が暖かい心に満ちたものとなり、まち全体に利他の精神が溢れるよう精一杯努めて参ります。一年間どうぞよろしくお願い申し上げます。

副理事長 野村俊介

藤沢は近年、目覚ましい発展を遂げています。人口は42万人を超え、県内第4番目の規模を誇ります。しかし、我々藤沢市民のうち、自信をもって地域事情に関心があると言える人はどのくらいいるのでしょうか。朝早く近隣の大都市に出掛け、夜遅く帰宅することを繰り返す日常。いつしか地域に関心を持つことが難しい社会になりつつあります。だからこそ、我々は自分達が住む地域に目を向けることの意義を思い起こすことが必要です。
それでは地域に目を向けること―そこにどのような意義があるのでしょうか。私は自分や家族が安心して、かつ和やかに暮らすためには、自分や家族に対するのと同様、地域事にも関心を持つことが重要であると考えます。防災の点からは、地域コミュニティがしっかりと構築されれば、突発的な災害に向けた備えとなります。教育の点からも、地域全体で子ども達を育てる意識があれば、子ども達は自然に社会性を身につけ、健全に成長し、さらには非行に走ることの予防となります。また、東海道の宿場町として、遊行寺の門前町として栄えてきた藤沢の歴史を学ぶことは、藤沢への理解や誇りを持つことに繋がります。何より、地域に目を向けることの意義が伝われば、自分達の住む藤沢を愛し、貢献したいという想いが自然に生まれます。この想いは、将来藤沢が重大な困難に遭遇したとき、それを乗り越える力となります。我々は、これまでの歴史や発展を基にして、藤沢に住む人々が自分達の住む地域に目を向け、故郷に誇りを持つとともに、恥じることなく藤沢への郷土愛を口にできるよう、さらに未来を明るく灯す創造的な運動を展開して参ります。
今年度、副理事長の重責を自覚し、柴山理事長の掲げる「心」が青年会議所、そして地域へしっかりと行き渡るよう支えることはもちろん、地域の未来創造委員会の担当として、委員会の想いを実現するべく尽力いたします。一年間どうぞよろしくお願いいたします。

副理事長 稲田 渉

現在、日本の各地方都市は過疎化の進んでいる中、藤沢市は42万人都市として、今なお人口が増加傾向にある湘南の中心都市であります。しかしながら、現在の藤沢青年会議所の会員数においては、全盛期に比べ減少傾向にあります。なぜ、会員数の減少をとめられないのでしょうか。もしかしたら、今の社会に求められていない組織なのかもしれません。現在の私たちは、青年世代に、魅力的な組織として見られていないのかもしれません。
今年度は、継続して行っている会員拡大運動と共に、会員の資質向上を組織全体として行ってまいります。資質向上と言っても、メンバー一人ひとり、職業や立場、個性が違う様に、向上させる資質にも違いがあります。個性の違いが組織の力となり、より多くの個性が集まることで、魅力的な組織となるのではないでしょうか。また、私たちはJAYCEEとして、地域や社会の事業に参加していることを常に意識し、周囲からの様々な目があることを念頭に置き、襟を正さなければなりません。現在までの組織を創り上げてきた、先輩諸氏によって培われた経験や叡智が、メンバーをより輝かせることを信じています。藤沢青年会議所は、成長の機会を掴める環境があり、そして自分自身を成長させてくれる人とも多く出会える組織でもあります。会員拡大運動を行う上で、メンバー一人ひとりの個性を尊重し、より魅力を輝かせる環境を提供し、その多様な個性を社会に発信することで、組織としても成熟し、そしてそこに身を置く個人としても成長すると考えます。より高みを目指す組織は、社会にもそして市民にも求められ、地域に必要な組織となります。
藤沢青年会議所が地域に今より求められる組織になるためには、そこに身を置くメンバーが輝いていなければなりません。副理事長として、資質の向上を進め、私自身もより魅力ある人財になるよう、1年間担いを全うしていきます。どうぞよろしくお願い致します。

専務理事 小島英三郎

藤沢青年会議所は、「明るい豊かなまち」の実現を目指しJC運動を展開してまいりました。しかしながら、半世紀以上にも及ぶ活動の背景には、様々な苦難の時代があったかと思われます。戦後復興を果たし豊かな時代になったと言われる現在でさえも、未だ出口の見えない閉塞感を感じられます。これを打破していく為にも今こそ、メンバー全員が一丸となって協力し、全力でJC運動に邁進して新しい時代を築いていかねばなりません。
人それぞれ入会する動機や経緯は異なります。しかしながら、メンバー一人ひとりが他のメンバーを認め合い、互いが補い合うことで「明るい豊かなまち」という目的に向かい、一体となった大きな運動を展開することができます。まずは理事役員間の連携や協力はもちろんのこと、メンバー全員で新しい一歩を踏み出していけるよう意思疎通に注力して、藤沢青年会議所という組織が最大限、飛躍出来るよう取り組んでまいります。また2020年に開催される東京オリンピックのセーリング競技開催地という恵まれた環境も存分に活かし、藤沢青年会議所の運動を地域に発信することで、より一層「明るい豊かなまち」の実現に近付くことが出来るようになります。誇り高きJAYCEEとして責任と自覚を持ち、藤沢の発展の為全員が一体となった円滑な組織運営ができるよう、全身全霊を尽くす所存でございます。更に、長きに亘る伝統と歴史に感謝しつつも限られた予算の中で、より力強い運動を展開するために過去の先例や慣習にとらわれず今まで困難と思われてきたことにも積極的に挑戦し、組織全体の抜本的見直しを図ることに躊躇は一切致しません。
入会以来、気付きと学び、成長の機会を与えてくれている藤沢青年会議所に感謝致しております。メンバー全員が一丸となって、新しい時代の扉を切り拓き、大きく飛躍出来るよう、専務理事として誠心誠意尽力する所存でございます。1年間宜しくお願い致します。

青少年の心育成委員会委員長 明葉

【テーマ】 社会の転換点における青少年の心の育成

2015年実施の国勢調査によると、日本の人口が1920年以来初めての減少となりました。これまでの人口増加から一変するこの人口減少の変化は、住民組織の機能低下、学校の統廃合、若年層の減少による歴史や伝統の継承困難等の地域活動の縮小に繋がります。そして住民同士の交流の機会が減少し、地域の賑わいが失われていく恐れがあります。藤沢市も2030年までは人口が微増し、その後一転減少に転じると推計されています。
そこで、地域の繋がりの希薄化に向けてより強化すべきことがあると考えます。利他の精神で人を思いやり、互いに寄り添い助け合う「和の心」です。一つの目的に向け協調しあうことで地域の繋がりを固いものとし、心の通う社会になります。また、社会において個々には様々な役割があり、それぞれの役割の中で活躍し、皆が集まり社会は成り立っています。個を磨き、社会の中の各々の役割を確立し実行していくことも大変重要です。藤沢の将来を担う子どもたちには人を思いやり協調しあう「和の心」を身に付け、自分を磨き、社会での各々の役割で活躍してもらいたい、そんな想いを込めて事業を展開していきます。具体的には、子どもも大人も皆一緒になり一つの目的に向かって何かを制作したり取り組むことで、利他の精神や協調性、役割の大切さを伝えていきます。それだけではなく、子どもたちの笑顔であふれ、いつまでも心に残る事業にしていきます。子どもたちの笑顔が大人たちも笑顔にし、そして地域の明るい未来に必ず繋がります。広報活動でも、藤沢青年会議所の想いや魅力を伝え、笑顔あふれる運動の発信を積極的に行っていきます。
青少年の心育成委員会では、和の心を身に付け、個を磨き自分の役割を見つけ行動することのできる子どもたちを多く育成していきます。そして地域の繋がりをより固いものとしていきます。この一年間精一杯取り組んで参りますのでどうぞよろしくお願い致します。

[事業計画]
  • 運営規定第4章第12条⑤広報委員会の任務及び⑥青少年開発委員会の任務
  • 4月例会に関する事項
  • 7月例会に関する事項
  • 10月例会に関する事項
  • 第44回藤沢JC杯小・中学生サッカー大会に関する事項
  • 会員拡大に関する事項

地域の未来創造委員会委員長 我妻 敦

【テーマ】愛されるまち藤沢の輝く未来を創造する

我々の愛するまち藤沢は、湘南の海に開かれ遠く富士の頂きを望む美しい景観に恵まれた、年間1,800万人を超える人が訪れる日本有数の観光都市です。また、歴史的にも東海道6番目の宿場町として、遊行寺の門前町として大いに栄えました。この魅力あふれるまちの素晴らしさを地域に向けて発信し、藤沢に住む人々により一層このまちを愛して頂けるように、藤沢青年会議所は将来に向けて率先して運動を行っていく必要があります。
今年度地域の未来創造委員会では、まずは地域の住民の方々に自らが暮らすまちの魅力を改めて知って頂き、またその歴史を学んで頂くことを目的とした運動を展開してまいります。この運動を通じて、地域への理解や誇りを持つことができれば、地域に目を向けることの意義も明確になり、その共同体としての活動がより和やかに行われると考えます。
また、2020年に東京オリンピックのセーリング競技が江の島の地にて開催されます。このことを地域発展の絶好の契機と捉え、湘南4LOM事業では周辺自治体を含め湘南地域が一体となって、将来性のある事業構築及び運営が図れるように、オリンピック開催後のまちづくりも見据えた長期的な視野を持ち、常に高い意識をもって主体的に取り組みます。そして、年間事業の集大成として、藤沢に住む人々が地域の魅力を実感し共有できる事業を開催できるように、この事業を藤沢の新たな行事とする気概をもって、取り組みを進めてまいります。愛されるまち藤沢を観光地としてのみならず、自ら輝くまちとして、更に地域の未来を明るくできるように、創造的変革への挑戦を積極果敢に行って参ります。
地域の未来は人財の愛で輝きます。人財は互いに磨き合い、和を尊ぶ心を持ち合ってこそ、真の輝きを魅せることができます。我々が愛してやまないまち藤沢を、より多くの愛で輝かせることができるように、委員長の責務を担います。どうぞ宜しくお願い致します。

[事業計画]
  • 運営規定第4章第12条③社会開発委員会の任務及び⑧経営開発委員会の任務
  • 2月例会に関する事項
  • 5月例会(湘南4LOM合同事業)に関する事項
  • 9月例会に関する事項
  • 会員拡大に関する事項

会員資質向上委員会委員長 金子晋也

【テーマ】選ばれる組織と求められる人財へ

選択ができるというのは幸福なことです。居住に職業・政治・飲食そして娯楽と私たちは様々な場面で選択する自由があります。私たちは、人と人との繋がりの場や自己研鑽、社会的活動などの身を置く場所も選ぶことができます。しかしながら、藤沢青年会議所は社会に選ばれる「場所」になっていないのではないでしょうか。会員減少という事実を受け止め、選ばれる組織になるためには一人ひとりが求められる人財になる必要があります。
青年会議所の一番の魅力は会員自身だと考えます。修練・奉仕・友情の理念のもとに、様々な問題や課題に真剣に向き合い、妥協をせずに最後まで諦めず努力していく姿は多くの人の心を惹きつけます。会員資質向上委員会として、会員の資質向上を行うために、初めに、自分自身を見直す機会として自己研鑚できる場を提供し、社会の一員であることを自覚し、より魅力的な人財になる事業を行います。そして、OB合同例会を先輩方と共に創り上げ同じ時間を共有することで、青年会議所の魅力と所属することの尊さを実感し、藤沢青年会議所が培った歴史を心に刻める事業を行います。また、資質と魅力がより向上したメンバーと新たに藤沢青年会議所を選択した人財が心ひとつになり、相互理解が深まる事業も行います。それぞれの事業や日々行うJC運動は、資質の向上と自分自身の成長の機会になります。資質の向上を行うことで藤沢青年会議所は人財が増えて魅力的で選ばれる組織になります。また、新入会員を待つだけでなく委員会の垣根を越え積極的な拡大運動を行います。そして、委員会としても仲間を増やす運動を1年間盛り上げていきます。
多くの仲間を集めるためには、私たちが魅力的で心が豊かな人財になることです。先輩諸氏から受け継いできた藤沢青年会議所の思いや歴史を心に宿し、私たちの魅力に昇華することによって人々に選ばれる組織となり、より地域や社会に求められる人財になります。

[事業計画]
  • 運営規定第4章第12条②会員開発委員会④指導力開発委員会の任務及び⑦会員拡大委員会の任務
  • 3月例会に関する事項
  • 6月第1例会(OB合同例会)に関する事項
  • 11月例会(次年度アワー)に関する事項
  • 会員拡大に関する事項

総務委員会委員長 松永大希

【テーマ】 組織の重心として新しい時代への原動力となる

時代の移り変わりが激しく情報が錯綜する現代では新しいものや珍しいものに目が奪われてしまいがちです。しかし盤石な基盤を欠く組織は脆弱であり、組織が進むべき方向性は揺らいでしまいます。藤沢青年会議所が地域に対して影響力を持った運動を一貫して展開するためには組織の堅固な基盤を維持することが必要です。そのためには組織を形成するメンバー一人ひとりが同じ目標のもと協力し合える組織であり続けることが必要です。
一人ひとりでは成し得ないことでも、皆で協力し合えば成し得ることがあります。それが青年会議所の良さだと思います。各々が補い合い、個性が融和することでより良い運動を展開することができます。総務委員会は組織の重心としてそのための環境整備を行います。総会諸会議の運営においては事前の準備を怠らず当日の円滑かつ堅実な進行を実現します。創立以来、連綿と続いて来た歴史と伝統に甘んじることなく、品格ある青年経済人として当たり前のことを当たり前に行うことができる組織、新しいことに積極的に挑戦する組織への実現に向けた働き掛けを行います。また担当例会においては既存の概念に捉われることなく、より良い事業を構築するために積極果敢な挑戦を続けます。LOMのために必要なことをしっかりと見究め、メンバーの一体感を醸成するとともにLOMへの帰属意識を向上させます。さらに、多くの気付きを得られる渉外事業では多くの参加を促しその経験をメンバー全員で共有します。メンバー一人ひとりの意識が高まり組織力が向上すれば、JC運動の質が向上します。このことを体現するために率先して活動して参ります。
先輩諸氏が築き上げてきた歴史と伝統を引き継ぐとともに、新しい時代を切り拓き、「明るい豊かなまち」の実現への前進を続けるため、藤沢青年会議所の原動力となり、組織の重心として組織力の向上を志向し、メンバーの「心」を紡ぐことに全身全霊を尽くします。

[事業計画]
  • 1. 運営規定第4章第12条①総務委員会の任務
  • 2. 1月例会(賀詞交歓会)に関する事項
  • 3. 6月第2例会(3LOM合同事業)に関する事項
  • 4. 12月例会(卒業式)に関する事項
  • 5. その他各委員会に所属しない事項(1月定時総会、8月定時総会)
  • 6. 日本、関東地区、ブロック等諸大会への参加関連、企画、設営、運営
  • 7. 選挙管理委員会立ち上げに関する事項
  • 8. 会員拡大に関する事項